教育の重要性      

 

先の大戦から72年経った現在 我が国は経済的に豊かになり 平和を享受しています

 しかし 世界に目を向けますと

  トランプアメリカ大統領の「アメリカ第一主義」政策

  イギリスのEU離脱

  中国の国際法を無視した跳梁

  北朝鮮の連続凶行

  韓国の反日活動の増幅

  国際テロの横行等々

世界は波乱に満ち 国民の生命と財産は危険に晒され続けています 何時 我が国に凶弾が撃ち込まれ 災難が降りかかるか予断は許せません

にも拘らず「憲法9条がある以上日本は安全だ」「憲法改正反対」を叫ぶ平和ボケした日本人 国家観のない芸能人まがいの国会議員が数多いること これを煽る知識的文化人と称する曲学阿世の知識人 朝日新聞をはじめとする反日マスメデイアに憤りを覚えます

このたび 文部科学省から 「小中学校教育課程の基準となる学習指導要領の改定案」が公表されました 頭でっかちで精神性の乏しい浅薄な内容です

 日本人としての誇り 日本人として生まれた幸せを自覚させる「指導要領」が盛り込まれることを強く望みます

 GHQの策した「日本弱体化対策」が尾を引いていることを思います

 軟弱化した日本を「凛とした国」にするには日本人の為の正しい教育をすることが極めて重要です

 文部科学省は3月15日まで国民の声に耳を傾けています 以下のことを多くの国民の声として届けたいものです

評価すべき点

 ◎ 幼稚園~日本の伝統行事や国歌に親しむなどの活動を新たに盛り込んだこと

    日の丸 君が代 に親しむのは日本人として当然のことです 今更 の感がしますが、、、、、

 ◎ 小中学校~社会で 竹島 尖閣諸島が日本固有の領土であることを明記

     今更 の感がしますが、、、

見直すべき点

 ◆ 英語教育 小学校5・6年で140時間 中学校で420時間(国語・ 数学・理科385時間 社会350時間

   国語・社会よりも多くの時間を要する必要性に疑問を持ちます

    学習時間を三分の一にしてでも下記の「新しく導入すべき学習」を導入すべきです

 

 ◆ 聖徳太子を「厩戸王~うまやどおう~」の呼称に置き換える―意味なし 断固反対

 

    聖徳太子は日本人の精神的な支柱です 十七条憲法を制定 天皇を核とする日本の国作りをなし 支那との外交では

     「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す」の文言のとおり 独立した国家としての理念を示しました

    今になって なぜ「厩戸王」なのか 何の意味もありません

   これは 歴史学会の一部が唱える「聖徳太子虚構説」~珍説~に依るものであり 日本国家を否定する反日左翼の運動に利用されたものと思われます 文部科学省の姿勢が疑われます

    「聖徳太子」断固存続しなければなりません

 新しく導入すべき学習

   日本の伝統文化の学習

    〇 古典 (古事記 万葉集 徒然草 奥の細道等)

    〇 偉人 (聖徳太子 楠木正成 上杉鷹山 二宮尊徳 西郷隆盛 山岡鉄舟等)

    〇 教育勅語

    〇 武道 (柔道 剣道)

   自虐史観の払拭~この項については後日詳細に紹介します~

    〇 大東亜戦争は侵略戦争ではなかった

日本の防衛の為のやむなき戦争であった 大東亜戦争によって東南アジアの諸国が欧米からの植民地から解放されました これらの諸国からは日本は感謝されています

    〇 東京裁判は正しい裁判ではなかった 戦勝国のリンチ裁判でした

       A・B・C級戦犯なんて存在しません

                   平成29年2月27日